悠悠蒼天

創作の更新履歴とよろづ日記。

さんかく の ひ

日記

 めちゃくちゃ久しぶりに空の写真を撮りました。
(ブランクになった理由は、まあいろいろありまして……)

だいたい……
ワタシは、空にカメラを向ければ何かしら人工物っぽいのが写ってるのは当たり前、みたいに思ってるフシがあるのですけど。

ご無沙汰していた「空のおともだち」にごあいさつしつつ……。




空に富士山(笑)
てっぺんで雲の切れ端が光ってます。
20180106-1.jpg









肉眼で見えてないのは無論のこと。
写真の確認中に妙に気になるところがありまして……。
それが↓の四角い部分。
20180106-3-0-1.jpg


どうしても、どうしても私には逆三角錐に見えてしょうがないのですよ(--;)
あるいはお椀のような。
なんかこう……
そこだけぐるんぐるん回ってるように見えて。






で、次の写真で確認するとこんな風に写ってました。
お椀のふちになんかついてる的な……?
雲の切れ端か別の何かか……??
20180106-3-1-b.jpg




さらに次の写真では、こう↓
20180106-3-2-b.jpg
うーん……???







西の上空ではこんな△の雲。
20180106-4.jpg





やっぱり空を撮るのって面白いなあ~
なんて思いながら写した写真。。。
20180106-5.jpg




すると
ココにも△の形をした雲……(上の写真で言うと右の方です)
20180106-5-1.jpg



なにやら今日は△に縁のある日だったようです^^;
実は他にも「???」な感じのものが写ってるようにも見えたのですが、何せ画像が荒くてイマイチはっきりしなかったので、あえてとりあげてません。。。
でもまあ……
わくわくしながら写真のチェックするのは久々で、とても楽しかった♪
これからまた空の撮影を復活させてみようかと思ってます。



★でかい写真はアルバムにのっけてます。
お椀のほうは……すこぶる怪しいんですが、「空のおともだち…?」フォルダに入れております。

 アルバム最新ページ→ http://pitamo.jp/photo/alm22824/5


▲PageTop

あけましておめでとうございます。

日記

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


唐突ですが
うちの家は港のすぐそばにあります。

あなたはドコに住んでいますか?
家の立地は、全員が全員ではないですが、健康に関わることが多い。
ビルの高層階、山の際、川のすぐそば、平地でなく低地などは、避けられるなら避けたい。
不思議と海のそばはそうでもないのですが、これらは具合が悪い人や、悪くなる人が多い。
立地は大切です。」


↑こちらは知る人ぞ知る、セルフ整体道場 天心会(https://www.facebook.com/tensinkai/)さんのFBの投稿です。

でね。
ふと考えてみたんです。
なんで海のそばだと「そうでもないんだろう?」って。

一つだけ思い浮かんだのは、海は潮の満ち引きがありますね。
これって「循環」があるからかな、と思ったんですね。

川は一方通行ですね。山の際とか低地はなんとなく「溜まる」イメージ? ビルの高階層は……うん。私的には苦手。土に触れられないのはちょっと苦手(笑)
いずれにしても「循環」のイメージができない……

水は循環してなきゃ腐りますし、身体でいえば血液が循環してくれないと生きちゃいられません。
オルゴナイトを作るようになって場の空気の循環ってものを意識するようになったせいか、天心会さんのこの投稿はものすごく納得した次第です。
あらゆるものは循環してこそ正常といえるのかもしれませんね。



▲PageTop

おかしいもんはおかしい。

考え方・価値観

 先日の記事で
「付随する面倒な手続きとか変化は当たり前として受け止めています。」
って書きました。
受け止めてはいるが、

ヘンでおかしいもんは、ヘンでおかしいと思うわけよ!!




今回パートで就職して退職、派遣で再登録の手続きを行ったわけですが、個人番号を求められました。
源泉徴収に必要とのこと。

これは機密事項で他人に漏らしてはいかんのだそうです。
派遣の再登録時に番号付きの住民票を渡したのですが、カードじゃないとだめで、私の場合はカードを受け取らなかったのであとで書類を提出してほしいと。
で、
スマホ持ってる人はそれを撮影して登録するんだそうな。


……ちうかさあ……
ねえ。それって、そもそも矛盾してね?

その画像、うっかり友達とかに送っちゃったら犯罪者?
保存した企業のデータだって絶対に漏洩しないって保証あるわけ?
そもそもあれって「義務」じゃないのよね。
当時送られてきた封筒には「返却不可」じゃなくて「返却不要」ってあった。……不要ってなに。こっちこそいらんわこんなもん。ってなるじゃん。


わざわざ必要とされてもない番号を無理やり振っといてさ(役所が自分とこの作業のために使うんならともかく)、強引にカード送ってきといてさ、そのくせカード受け取ったら管理義務が生じるんだよ?
ばっかばかしい。。。

機密事項だとかたいそうなこと言ってる割に会社に個人番号を提出しろとか、おかしいでしょ。


頼んでもいない番号を勝手に作ってヒトにつけといて「マイナンバー」とか言わせるのもちゃんちゃらおかしいと思うけど。



……まあ今回のことで私は改めて思ったね。

今後死ぬまで個人番号カードの再発行などありえん と。



これについてのメリット・デメリットは、いろんな人がいろんな切り口でブログやサイトに書いてるのでグーグル先生に聞いてみるといいよね。
いくつかそういうサイト見てみたけど、やっぱ私にとってはデメリットしかない制度だよな、と思った次第。




▲PageTop

来年の手帳はこれだ!

日記

 本日2件目。

来年の手帳も「大橋忍の美しい切り絵手帳」にしました。
近くの本屋さんに置いてあってよかった~^^

2018年のもとてもきれいで切り絵して楽しめるし、しかも2017年のより断然使い勝手がよくなってます。



https://www.mdn.co.jp/di/book/3217403024/


20181229.png



▲PageTop

自分の幸せは自分で。

考え方・価値観

 今日から1/8まで休暇に入りました。
今年の春に入った会社を辞めて、先々週、再び派遣社員として別のところへ仕事に行くことが決定しました。

まあ、それに対して……
他人の意見はそれぞれだし、考え方もそれぞれなので。

私は、私がどうすれば快適でいられるかを常に念頭に置いて考えているので、それに付随する面倒な手続きとか変化は当たり前として受け止めています。


……そういえば
以前は創作だけで生活してみたいと思ってましたが、なんかだめでしたねえ……
お金の面もそうだけども、それ以上につまんなくなっちゃう。
たぶん外に出てなんか仕事しながら、創作の仕事もするってのが好きみたい(笑)
ま、これが私のスタンスなんだろうな、と思ってます。

ていうか、
毎日9時~17時できっちり仕事終わらせて~毎月お金が入って~土日祝とかの休みで創作して~イベント出展考えて~って、それで心安らかに創作したり遊んだりできるなら、それがよい。
(この時間から時間の間にいかに仕事をさくっと片すかも、けっこ楽しい)



――昔は、まず自分が幸せであることが肝要であり、まず自分がどうしたいのかを優先するなんてことはできなかったけど、最近はいろんな情報を得て試行錯誤ながら、自分の心に、常に意識・耳を傾けていられるようになりました。
楽なんですよね。
他人のせいにしなくてすむから。


その、今現在も大きな影響を与えてくれている「情報」の一つが心屋仁之助さんのブログ。
なんか一部では心屋は宗教だなどと悪口(?)言われてるみたいだけど、ブログ読んでるかぎり、ここはいわゆる「宗教」にはなりえないと思う(笑)
個人主義すぎると思うから(笑)

それに、こういう考え方って自分にはとても好ましいと思うしね
  ↓

心屋仁之助さんのブログから↓
https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12340049586.html


(前略)

誰が他人の人生の責任をとれるというのでしょう。

誰が他人の人生を幸せにできるというのでしょう。




そのひとの「幸せ」がわかるというのか




それは「あなたの考える幸せ」ではないのか。



 

「わたしが、助ける」

「わたしが、幸せにする」

「わたしが、解決する」

 
とは、


なんと傲慢な考え方か、と

思うのです。



(中略)



それを採用するかどうかは

それを受けた人が決めること。



それ以上は

立ち入ってはいけない、



誰も他人を変えることはできない。



そして



すでにその人は幸せであり

これから幸せになる、と

幸せを感じられる、と


信じること。

 
(後略)




ホント、その通りだと思います。





あ。
そういえば、昨日これもまたもっともだと思う動画を見つけましたよ(笑)
めちゃくちゃ正論すぎて笑ってしまったよ。(ほかのはどうかわかんないけど)





▲PageTop

««

Menu

最新記事一覧

プロフィール

直江和葉

Author:直江和葉
突き進め!
サファリランドの
ゾウさんのように!!

メールフォーム

←コチラからどうぞ。

守護者 千早さん

某マンガの強くて可愛い剣牙虎さんにあやかって。

里親さん募集

★☆★☆★



最新記事

ブログ内検索



カテゴリー+月別アーカイブ

2037年 07月 【1件】
2018年 02月 【3件】
2018年 01月 【3件】
2017年 12月 【4件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【2件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【2件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【8件】
2017年 03月 【3件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【3件】
2016年 12月 【8件】
2016年 11月 【5件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【3件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【4件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【6件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【2件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【17件】
2015年 05月 【10件】
2015年 04月 【8件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【6件】
2014年 09月 【9件】
2014年 08月 【16件】
2014年 07月 【15件】
2014年 06月 【6件】
2014年 05月 【8件】
2014年 04月 【8件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【6件】
2013年 08月 【6件】
2013年 07月 【10件】
2013年 06月 【14件】
2013年 05月 【12件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【8件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【9件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【12件】
2012年 08月 【14件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【11件】
2012年 03月 【12件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【15件】
2011年 11月 【7件】
2011年 10月 【5件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【7件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【9件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【10件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【6件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【11件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【9件】
2008年 10月 【12件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【12件】
2008年 07月 【14件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【14件】
2008年 04月 【15件】
2008年 03月 【17件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【10件】
 


らくがきわっしょい

いつまで続くかわからねぇがな…                 




おいしいもの






最高級の原料のみ使用した贅沢な紀州梅干し
紀州梅干し専門店
『福梅本舗』












おすすめ

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ