悠悠蒼天

創作の更新履歴とよろづ日記。

育てる=自立させる

  1. 2015/12/14(月) 21:34:39_
  2. 考え方・価値観
  3. _ comment:0
 昼休みにネットニュースで見た 「大学生の出席だのなんだのを親に確認させる」 とかいうのを見て目を疑いました。
最近の大学生事情は知らんけれど、
それって子供は大学行くのが楽しくないってこと? 遊んでばっかで高い学費払ってんだからその分身につけろってこと? それとも単に子供の動向が気になるってこと??

私、自分に子供がいないから余計そう思うのかもしれんけど、子供が進学する大学を親が躍起になって探したりデータ集めたり、大丈夫かしら大丈夫かしらと心配するのって、子供に失礼じゃねーのかしら? とか思ったことがあるんで。。。(今の職場で遭遇した出来事だけど)

……うん、まあ、つまり、
「へ~んなの~」 と思っちゃったわけですね。


で、
「ミナミのライトらいとライフ」さんでもこれについて書かれてありまして、今日はさくやひめからのメッセージをシェアさせていただきますねぃ!

*******************************************************
元URL⇒http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-12106145583.html


「何のために子どもを育ててるの?

そこの本質的なところが抜けてしまっているから、変なことになってしまうのよ。

育てる・・ってどういうこと?

一人で生きていける力をつけてあげる・・ってことでしょ?

一人で生きていくためには、自立するためには、何をしてあげればいいか?・・

それを考えるのが親の一番の役目じゃないの?


保護するのが、親の役目じゃないのよ。

手をかけることが愛情じゃないの。

自立させることが、愛情なのよ。

自立するってことは、親を必要としなくなる・・ってこと。

親にとってはそれは、悲しくてさみしいことじゃなくて、喜ばしいことなの。

親は子どもを可愛いと思う。

そうじゃなきゃ育てられないわ・・それはわかる。

だからといって、いつまでも親のそばにおいておこうとするのは大きな間違いね。

それは、親のエゴでしかない。わかるでしょ?


自分で生きる力のない子はどうなるの?

誰かに依存しなければ生きていけないと思ってしまった子は、自分で生きる力を

失ってしまう。

自分で生きていけないようなひ弱な子供にしてどうするの?

親がいなければ生きていけないようなひ弱な子供にしたいの?


どうして、親が子どもを手放せないのか??・・わかる??

それは、親自身が自立していないからよ。

自分で自分を満足させられていないから。

親自身がエネルギーに満ちていたら、子どもの自立を妨げることなんてしないわ。

どんどん自立させようとする。

子どもを管理したりして自立させようとしないのは、親が子供に依存しているから。

子どもからパワーをもらわなければ、親が立っていられないから。

親に依存され、寄りかかられた子供は大変よ・・しんどくて仕方ないわ。


もし、子どもを可愛いと思うのならば、子どものことを思うのならば、子どもの自立を

望んでちょうだい。

そのためには、親自身が自立しなければいけないの。

自立するためには、自分の中をエネルギーで満たすしかない。

そのためには、好きなことを、得意なことにフォーカスして、それを楽しんでいればいいの。

子どもは、勝手に育つのよ。

親がいちいち口を出すより、放っておくほうがぐんぐん伸びていくわ。

子どもの自分で育つ力を信頼することね。

心配のエネルギーを注がれると、枯れてしまうわよ。

ずっと、心配や恐れ、コントロールのエネルギーにさらされていると、本当に枯れるわよ。

植物と同じだと思って。

植物だって、水や養分をあげ過ぎると枯れるでしょ。

子どもを伸ばすエネルギーは、信頼のエネルギーなの。

手をかけることが、子どもを育てることじゃない。

手をかけずに、目をかけていればいいの。

あなたの力を信頼しているわ・・と言うエネルギーさえ注いであげれば、本当に力強く

どんどん伸びていくの。


もう一度、子どもを育てることの本質を思い出してね。

自立させるのが、育てるってことなのよ。

自分で生きていく力って言うのは、自分の頭で考え、判断し、行動出来るってことなの。


あなた達を心から愛してるわ~~」



*******************************************************

ありがとう、さくやさん!!
……これってなにも子育てだけの話じゃないよね……
と思ったのでシェアしてみました。



あ。そうだ。
話題が大学生だったので、私からはこれをお勧めしたい。

「天才! 柳沢教授の生活」 山下和美著 
ベスト盤 The Greenn Sideに収録されている
「#09 教授にとっての罪と罰」

この話から柳沢の教授の言葉を抜粋させていただきます。

「怒られなければレポートが書けないのですか? 
 罰がなければ前に進めないのですか?
 それでは何のために大学に来てるのかわかりません。
 前に進む道を自分で見つけるために大学に行くのです」




個人的には……大学へ行かんでも進む道はいくらでもあるけど、どうせ行くなら(行ってるなら)、楽しんで自分の道を探していくのがいいと思ったわけでした。








テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

<<冬至でございますね~ | BLOG TOP | 新作ピラミッド も 持って行きます♪>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

直江和葉

Author:直江和葉
突き進め!
サファリランドの
ゾウさんのように!!

メールフォーム

←コチラからどうぞ。

守護者 千早さん

某マンガの強くて可愛い剣牙虎さんにあやかって。

里親さん募集

★☆★☆★



ブログ内検索



カテゴリー+月別アーカイブ

 


らくがきわっしょい

いつまで続くかわからねぇがな…                 




« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おいしいもの






最高級の原料のみ使用した贅沢な紀州梅干し
紀州梅干し専門店
『福梅本舗』












おすすめ

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ