光の双子が消え……

 今日、うちのほうでは秋の祭りで賑わっております。
快晴でしたが風が強くて肌寒かったですが……

で、ふと南西の空を見ると、動かない雲がありまして。
こんなに風が強いのに形が変わらないのもヘンだなあ……と思ってカメラを向けたわけです。


そう……今日はわたくし太陽ではなく雲を撮りたくてカメラを持ち出したのです。


撮れたのがこちら↓
ちょっとガンマ補正かけてみましたら……何気に六角形っぽくないですか
20151025-1.jpg








こちらは思い切りガンマ補正かけたものですが、六角形っぽい割には八条の光に見えるんですが。
そして、左(南の空)の光は虹です。
20151025-4-1.jpg





虹……というより彩雲かな、これ。
あら~ と思って撮ってみたら、矢印のとこわかりますでしょうか……何やら輪っかが写ってました。
(この輪っか、こないだのボケボケ写真に写ってたのに似てる気がする。。。気がするだけだけど)
20151025-5-2.jpg





編集してて気が付いた。
この前まで必ず写っていた光の双子が居なくなってることを……。
そして、こないだいろいろカメラの設定をしたにも関わらず、どうしても巨大な光玉にしか写せなかった太陽が、
今日はたいして設定をいじったわけでもないのに(露出のマイナス補正数値を変えてみたりしただけ)六角形の姿で写せちゃったとかどーゆーことなの。

ちょっと嬉しい。


でも空にカメラ向けるたびにちょっと謎なもの(光)が写り始めたのがどうにも……だってアルバムのカテゴリをどうしたらいいのか。。。
あの雲も長いこと太陽の下に見えたけど、ゆっくり溶けていくようになくなってたし。。。雲やったんかいな??



――というわけで(どういうわけだか)
今日の写真はこちらに納めてあります⇒ http://pitamo.jp/photo/alm22824/4






0 Comments

Add your comment