串カツの「串」!!!

 ありませんねえ、どこにも……和ろうそく用の燭台って。
近所の金物屋に売ってる神棚用の燭台買おうかなあと思いつつ、でもなあ、と思ってやめて……(´-ω-`;)
作りを見てると白い陶器の底から釘を刺しただけのようなんですよね、あれ。
釘でいいなら自分でも作れるんじゃないかなあ、と。

悩みつつネットを探っていると、停電時に昔から使われていた方法というのを発見。

それは、串カツの串に蝋燭を差し、大根の輪切りを台座として使う

というもの。

これだああっ°+.(・∀・)°+.°

直江、目からウロコでございました。
そうかー。
串カツの串って竹だよね。
少々の火であぶられたって、焦げはするけどボウボウ燃えたりしてないよね、確かに。

これならうちにでもある!
そんなら台座はこのまま香水瓶にして、蝋が瓶の中に落ちないようにアルミホイルで蓋してやれば良いんじゃん!?

――というわけで。
気に入った燭台を買うまではこれでいくことにしました。

今回は先人の知恵に助けられましたな。


0 Comments

Add your comment