和ろうそくを灯してみました

20140423.jpg





 ひょんな縁で和ろうそくを購入しました。
高さ7・5センチの小さな蝋燭ですが燃焼時間は30分と、家でちょっと楽しむには丁度いいのではないかと思います。
でもって、写真に写ってる下の瓶は香水瓶であって、間違っても燭台ではありません……
休みの日に倉敷美観地区へ繰り出してオサレな和ろうそく用の燭台を買ってこようと思います(´-ω-`;)


私、パラフィン蝋燭って頭痛がしてくるんですよね^^;
なので、アロマキャンドルとか銘打たれていても、蝋燭自体がパラフィンの場合はすべてNG……
美しい色合いや絵や香りがあってもNGなんです。

いつぞや、家に余ってるミツロウでキャンドル作ったろ、とか企てていたのですがすっかり記憶の彼方に埋もれておりましたな。ははは。
また気が向いたら材料を買って作ってみようと思います。


で、今回買った和ろうそくはこちらの櫨蝋燭 ↓ です。
近江手造り和ろうそく 大與 http://warousokudaiyo.shop-pro.jp/

いや、実際買ったショップさんは別のお店なんですけどね。
日本の伝統工芸品を紹介されているサイトさんです。→ http://www.postdetail.com/
見てるだけでも楽しいですがww


櫨(はぜ)の実からとれる蝋で作られたもので、ほんのり甘いナッツみたいな匂いがします。
燃焼しているときの香りはわからなかったです……もう少し長い時間灯してるとわかるのかな……?
この櫨の木というのは、日本でしか育たないのだそうです。
しかも、木を傷つけると実が出来なくなってしまうという、とっても繊細な木。
実をちぎるときは枝木を痛めないように、細心の注意を払ってちぎるんだそうです。
一本一本手作業で作られるので高価なのも頷けます。
でも
なにより火が柔らかい気がします。
時たま「ぱち」と芯がはじける小さい音がするのも何か風流ですわ~
あ、そうそう。
たまに芯を「芯ばさみ」でとってやらねばなりませんが、なんかそういう手間も楽しいと思いました。
(どうでもいいけど、うち燭台ないくせに芯バサミはあるんよね……)


日常に疲れちゃって、パソコンも携帯電話も部屋の電気もぜ~んぶ切って、和ろうそくの灯りを見つめながらぼーっとするのもいいかもしれない。
ちょっとした瞑想でしょww


0 Comments

Add your comment