ツバメん、その後

 巣の中に座り込んでいるツバメんを見かけてはいたんですが、今朝ツバメ様トイレを覗くと、ツバメの糞は一つもなく、あったのは干からびた雛(生まれたて)の死骸……

鏡で巣の中を覗いてみたところ、卵もなく、他に雛はいませんでした。
卵は一つだけ、そして孵ったものの成長できず死んでしまったようです。
雛の屍骸にはダニが大量についていたため、これが原因ではないかと……。

ツバメに詳しいサイトなどを見ると、ダニが発生した巣はツバメは放棄するとありますので、たぶん今年はもううちでの子育てはないと思います。
ダニが家の中に移動してこないうちに掃除しちゃおうと思ってます。
(服にユーカリスプレー吹きかけてダニに纏わりつかれないようにしてからでないと、かいかいになっちゃうな)

まあでも。
早い時期に6羽も巣立ってくれたのだから、良かったです。

掃除しておくから、来年もおいでね~(≧∇≦)ノ♪



追記(14:46)
記事UPのあと、早々に巣材を出し(小枝がてんこもり。羽毛にはたくさんのダニが(==;))、ダニ捕りシートを突っ込んで、さあお出かけ、と外に出たらツバメ夫婦が戻ってきてて戸惑った様子。
「あああ、ごめん~。もう巣のなか掃除しちゃったよ~^^;;」

帰ってきてからシートを外して様子見。

ツバメ一羽が電線に止まって巣の様子を窺っておりましたが……さて……?


0 Comments

Add your comment