オレンジ頭で燕尾服のニクイあんちくしょう

ドラゴン3 オレンジ色の頭とボディ、つぶらな黒い瞳、そして黒い燕尾服――派手派手しいこいつを見たのは電車の窓から。
本を読んでいたワタシは窓に張り付いているこいつに釘付けになった。

やばい、目が離せない。

電車は発車し、徐々にスピードをあげていくが、奴は余裕しゃくしゃくの様子。
だが、見ているこちらはいつ吹き飛ばされるか気が気ではない。
風にあおられ、ご自慢の髭が180度に傾いてなびくが、奴のガラスにつかまる手足(?)は大丈夫のような力強さがある。
それでもワタシは思わず祈った。「電車よ、これ以上スピードをあげてくれるな」と。

数分後、電車がホームに入り、スピードがおちた。
ワタシは思った。「これで奴は安全な場所に逃れられる……」
だが。
奴は進行方向にそのオレンジの顔をむけ、そしておもむろに、セットが乱れたとばかりに髭の手入れをし始めたのである。
「嘘だろう、ジョージ……っ!」
ワタシは衝撃を受けた。
そんなことをしている場合じゃない! 早く別の場所に移動しなければいつかお前は……!!

ワタシの必死の念力も、ジョージには届かなかった。

そして、束の間の邂逅も、いつか別れの時を迎える。
駅に降りたときには、ジョージの張り付いたドアは戸袋に入っていた。だが、ワタシは振り向くことなくホームの階段を下りたのである。

     ・ 
     ・
     ・
     ・
     ・

あのオレンジ頭の燕尾虫、なんちゅう名前なんだろう……?

ていうか、ワタシまだ熱下がってないんだよな……。今日もはやく寝よう。

2 Comments

あほわに  

幻覚だった…とか?w

気候が安定すれば、体調の方も安定するでしょうか。
お大事にです。

2008/05/27 (Tue) 03:13 | EDIT | REPLY |   

直江和葉  

ありがとうございます。
今日はすっかり熱も引いたようでございます。

しかし、ジョージは幻覚ではありませんですよ(苦笑)
奴の本当の名はクロウリハムシといい、菜園に咲くウリなどの花とか葉とかを食べる、

「害虫(←そりゃ精魂こめて作ってる菜園を荒らされちゃ、害虫と言いたくもなるでしょう)」

だそうです。見た目はなかなか可愛らしいんですけどねえ。

・・・とはいえ、幻覚であったと否定できない理由がひとつ・・・。
なにせ、読んでいたのは森見登美彦の「有頂天家族」ですからね・・・(--;)

2008/05/27 (Tue) 10:03 | EDIT | REPLY |   

Add your comment