【メモ】お気に入りツイート抜粋 その3

Category: 日記  

★今日の空★
20130207.jpg

以前にもご紹介した整体師・吉田氏のツイート抜粋です。
他にもたくさんあるのですが……「教えてやろう凡骨bot」さんとか、「ネイティブアメリカンの名言」さんとか……こちらはまたの機会にまとめてみたいと思います。

******************************************************

吉田直樹 naoki yoshida‏@tensinkai

風邪の時は、活元運動が一番です。活元運動をしていると、スルスル熱が上がってくれて、サッと熱が下がってくれます。そして、「風邪でツラい!」という感覚や不安や焦りが、不思議と薄れるのです。なぜなら、風邪自体が活元運動の一つだからです。活元運動は、風邪を楽しいものにしてくれます。


風邪の過ごし方、風邪が癌対策であることを、you tube で流しています。 ご参考にして下さい。
http://youtu.be/kEbpjbJn2R8


「健康のためには、何を食べたら良いですか?」と聞かれます。 答えは、「旨いと感じるもののみを、旨いと感じる範囲で食べて下さい」 頭ではなく、体の要求で食べるのが大事です。 野性の復活を。


風邪の時、ここぞとばかり食べる人がいます。三種体癖に多いのてすが、これは避けた方が無難です。食べ過ぎると、体が乱れて、余分にツラくなります。また、病気一切は肝臓の状態によるので、肝臓に負担を掛けると、風邪も治りにくくなるのです。風邪になれば、食が落ちるのが普通です。


看病人の資格。病ではなく、人を看ることです。自分の名誉や自尊心を高めるため、自分の不安や怯えや焦りを消すため、看病する人がいる。病を看る限り、治りません。悪化します。押し付ける限り、人は反抗するからです。人を看て下さい。まずは看病人の心身を整えることが大事。


眼底出血の方、原因不明とのこと。体を読めば、夏のツケをこの真冬に支払っていることを示していた。体の中のあるべき力点の位置が逆転して、呼吸器にかかる負担が原因でした。これはよくあること。今の時期の眼底出血は、春の脳出血の解消。命拾いしましたね。


電気毛布をつけながら眠ると、体はドンドンこわばって行く。使うなら、寝る前にお布団を温めておく程度にして下さい。


「冬の寒さがこたえる!」という方は、夏に上手く汗を出し切れていない方です。汗はかいても、必要なものを出し切れていないと体の負担は残ったままとなります。その汗の急処は、胸椎5番という左右の肩甲骨と間にある骨です。ここがしっかりしてくると、暑さ寒さに強くなれます。


水を飲む時、まず口の中に発生しているネバネバをとるため、口をゆすぎます。それから水を飲むと、口からも吸収する様になり、吸収効率が良いのです。また、胃袋まで落ちる間に、体に広がって行くような感じがある時は、体自体の水の吸収力が高い証拠です。活元運動の後だと、更に感じやすい事柄です。


「水を飲むと、すぐ小水になってしまう」という方は、乾いている体か、余分な汚れた水が溜まっている体です。水を飲んで、押し出した方が良いです。体の中の水を入れ換えらと、本当に色々とお得です。人間の体は70%以上水で出来ているので、水分ではなく水を飲むことは、とても大切なことのです。


水を飲みにくく感じる場合、レモン汁を少し落とすと飲みやすくなります。しかし、スポーツ飲料はコーラ程ではないですが、肝臓などを痛める方もいるので、一概にオススメできない所があります。甘味料や白い砂糖が、原因だと思います。美味しい水を、召し上がって下さい。


真水を飲むことは、とても大切です。特に、真冬では大事。 カフェイン系飲料やお酒は、体を乾燥させるので、体の水分を補給するには役立たないです。 冬の間に真水を十分飲んでいると、春からが違います。 秋の腰痛がある方は、腰痛対策にもなります。


「体が硬いから」と揉む人がいる。しかし、硬い処にある硬結の芯とその呼吸を捉えないなら、硬い処が本当に解消することはないのです。 むしろ、逆にもっと硬くなることも。体の事実を無視した揉みは、暴力と言えます。歌舞伎町でなくても、お金を払って暴力を受けに行く人が多い様です。


体癖別、色の好み。上下型は青。左右型三種は目立つ赤や濃い原色、四種は薄く淡い色。前後型は、黄色や緑色。ねじれ型は、主に茶色や金色。開閉型9種は黒か灰色の墨汁の世界、10種は白色。心臓に問題がある方は、白色を恐れたりする。肺が弱い人は、青や藍を好む。剣術の稽古着が、藍色なのも納得。


天職を知るための質問の一つ。 「いま、2億円貰ったら、何をしたいですか?」 2億円あってもしたい仕事が、あなたのすべき天職です。そうでないものは、私事か死事です。どんなに規模が小さくてもいいので、天命に生きることが大事です。あなたのすべてが、望ましくなるからです。


「睡眠が浅いんですが…」とご質問。浅い睡眠は確かに、蓄積疲労に繋がるし、傷や故障の回復も遅くなり、鬱の主原因です。 睡眠の急処の一つは、肩甲骨の間にあります。ここに抜けがあるので、ここを刺激する体操をすると、睡眠は深くなります。


とっさの時にドコに力を入れるかは、体癖により異なります。上下型は、首。左右型は、太陽神経叢。前後型は、胸部。ねじれ型は、側腹。開閉型は、下腹。この事実を知ってあることをすると、一切経験がなくても誰でも相手の体癖を見抜くことができます。相撲の原理にも通じる話です。


肌荒れに悩む方がいます。 吉田も他人事ではなかったのですが、肌荒れの原因は肌にはありません。 そもそも肌は、外界と内界とを別けるだけではないのです。 呼吸器と排泄器としての役割が、大きいのです。 肌荒れの原因は、腰や胃腸の状態にある。


肌荒れの原因は、呼吸器のツマリ。もしくは、余分なものを食べた排泄のツカエによります。 呼吸器の急処である恥骨を操作したり、食事を体に良い物に変えると良いのです。 後は、安らいだ心です。


思春期までの肌荒れには、遺伝的欠陥の排泄や、生後13か月以内の排泄の失敗のやり直しの意味もあります。 これを薬で抑えると、どうなるか?非常に恐ろしい実例を、知っています。 出すべきは、出すべきです。 体の要求を活かすことが、健康の真髄です。


「OOで、風邪を引かなくなりました!」と言う方が、時々いる。 その方の突っ張ってしまった顔を見ると、忍びない。。。 風邪を引かなくなったのではない、風邪を引けなくなったのだ。 大病が潜む様に、なっただけなのです。


手で何かを扱うとき、小指、薬指を意識することが、とても大事です。 手から伝わる情報が、全く別次元になります。 似た秘訣が、足にもあります。 こんなコトもお伝えしているのが、天心会の講座です。 生活をより良くする講座です。


病気が、健康を作ります。 子供がする三大病気の、水疱瘡、ハシカ、オタフク風邪。 これらは、肺や生殖器、肝臓、腎臓の成長を促進させる大事なモノです。 肺は忍耐力、生殖器は愛情を司る臓器。この三大病気をウマク経過しないと精神的に十分でない大人になりやすい。 本人が一番辛い。

******************************************************



テーマ : 日々のつれづれ    ジャンル : 日記
 2013_02_07

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

直江和葉

Author:直江和葉
突き進め!
サファリランドの
ゾウさんのように!!

メールフォーム

←コチラからどうぞ。

守護者 千早さん

某マンガの強くて可愛い剣牙虎さんにあやかって。

里親さん募集

★☆★☆★



ブログ内検索



カテゴリー+月別アーカイブ

 


らくがきわっしょい

いつまで続くかわからねぇがな…                 




おいしいもの






最高級の原料のみ使用した贅沢な紀州梅干し
紀州梅干し専門店
『福梅本舗』












おすすめ

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ




pagetop