悠悠蒼天

創作の更新履歴とよろづ日記。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


左脳と右脳

  1. 2011/01/08(土) 02:07:25_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:3
 マビフレと、絵ゴコロがあるかないか、想像することと計算することのどちらが得意かというハナシをしておりましたら、R師がこんなのを見つけてきました。


左脳・右脳テスト

見てみてください。
どちらに回って見えますか?




 

そこに書かれてあるように、左脳が働いているヒト、右脳が働いているヒトとでは見え方が逆になるようです。
その日、最初、R師は時計回りに(右周り)に、直江はその逆、左回りに見えました。
その時点でR師は二日寝ておりませんwww

「なぜだろう??」と思いながら眺めていると、急に右に回り始めたのです!
R師は右回りのままだそうで。。。っていうかね、寝ないとダメですよ^^;

面白いことに、思考転換するたびに向きを変えるんですね。
理論的に考えようとすると左に、想像してみようとすると右に。。。。
人間の目というものは、非常に面白いですね。


でね。
これでちょっと気づかされたのですが。。。

自分の見たものがいかに不確かなものであるか、ということをです。
なんとオソロシイことではありませんか><;

と同時に、お月さんの大きさがなぜ違って見えるのか、なんとなくわかった気がします。

こういうことってありませんでしたか?
ふっと見上げた月が、あまりに近くて大きくて思わず見とれてしまい、家のものを呼びに行って再び空を見上げたらずいぶん遠く小さくなっていたってこと。。。
ワタシは何度もあるんです。
いつも不思議に思ってましたけど、おそらく、この脳の働きによって大きく見えたんでしょう。
なにしろ、直江は人一倍「月属性」の人間ですからwww





……あれ。
オチなしかいwww


テーマ : 呟いたり叫んだり。    ジャンル : オンラインゲーム

<<無双とか美味しい衝撃とかヒュージとか。 | BLOG TOP | あけましておめでとうございます!>>

comment

何回見ても

  1. 2011/01/08(土) 21:07:52 |
  2. URL |
  3. るい
  4. [ 編集 ]
右回りにしか見えないですねぇ。。。
左回りには ならないですw

野生の勘で生きているという証拠でしょうかww

No title

  1. 2011/01/09(日) 15:31:52 |
  2. URL |
  3. イ丸。
  4. [ 編集 ]
最初右に見えてたのに急に左に見えて、また右になって左になってってしてました!

集中力がないのでしょうか笑

  1. 2011/01/10(月) 16:46:16 |
  2. URL |
  3. キリ
  4. [ 編集 ]
★るいちゃん

見え方はいろいろあるようですねえ。。。
最初の見え方で、基本的に使っているのが右か左かってとこでしょうね。
ちなみにワタシは基本は左脳のようですww



★イ丸さん

おおお。お久しぶり~~!! 元気かい!?
イ丸さんも左右どちらでもいけるクチかww
最初に右に見えたってコトは、たぶん基本的に右脳のヒトってことかな!

人間の目っておもしろいよね~^^
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

直江和葉

Author:直江和葉
突き進め!
サファリランドの
ゾウさんのように!!

メールフォーム

←コチラからどうぞ。

守護者 千早さん

某マンガの強くて可愛い剣牙虎さんにあやかって。

里親さん募集

★☆★☆★



ブログ内検索



カテゴリー+月別アーカイブ

 


らくがきわっしょい

いつまで続くかわからねぇがな…                 




« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

おいしいもの






最高級の原料のみ使用した贅沢な紀州梅干し
紀州梅干し専門店
『福梅本舗』












おすすめ

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。