FC2ブログ

悠悠蒼天

創作の更新履歴とゲームとよろづ日記。

Top Page › 日記 › 直江家の柚子にまつわる人々ww
2010-11-25 (Thu)  11:00

直江家の柚子にまつわる人々ww

 何度か書いたような記憶のある話題で恐縮ですがww
直江の実家には新築当時に祖父の家から移植した柚の木がございます。
そやつ、移植してから2年ほどはヘソを曲げていたのか、一個も実をつけませんでした。
(祖父の家にあったときはこれでもかっちゅーくらい実をつけていた木なんですな)
で、業を煮やした母がある日、柚に言ったそうな。

「来年、実をつけなかったらちょん切るからな!」(←さるカニかwww

翌年、その柚は200個の実をつけました^^;
(植物にもちゃんと言葉が通じるのですよ。怒ったり褒めたりという喜怒の言葉はダイレクトのようですw そういや、「外国へ行って現地の人間の無体に怒るときは日本語で怒れ。言葉が通じなくても意志は通じる」といわれたことがありますが、似たようなものですかw え、違うか?www)

で。
そのワガママなユズ子さんを毎年心待ちにしてくださる方が一名いらっしゃいます。
ずいぶん昔に勤めていた会社の(当時)部長。
今はもう退職してお姉さまと宝塚を観覧されたり、海岸散歩を日課にされていたりと悠々自適な生活を送られているもようw
直江といえば、その会社をやめて10年以上はたちますが、いまだにブチョーとお呼びしております。
なぜといって、それ以外の呼び方ができないから。。。いまさら苗字にさん付けでは呼べないじぇww

ブチョーは大大大の柚子好き。温泉に浮いてる柚子さえ食べたいと思うくらいの柚子好き。
風呂にいれるしかしないと言ったら、もったいない!と叱られたので、実家の柚子の大半はブチョーにおくることになり、はや数年。

台風被害だの乗り越え、2年ほど前に直江が勤める会社から出た果樹の手入れの本を母に送って、柚子の出来も上々と喜んでいたにもかかわらず、今年、母からこんなメールが届きました。

「実のなる芽を、間違えて全部切っちゃったみたいで、今年は柚子ができないからブチョーに謝っといてくれる?」

かーちゃんよ。。。何のために本を送ったと。。。ていうか、あらかた少し慣れたから確認もせずに切っちまったんだろうというのが直江の見解ですが。
で、それをブチョーにメールすると、こんな返答が。。。

「そうか。残念だ。まあ、お前のかーちゃんだしな

・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・。

え?
それ、どーゆー意味ですか、ブチョー?
ワタシにはとんと身の覚えのない気がするんですけど。。。?


毎月飲みのお誘いを下さるのだが、なんやしら予定が入っていたりして行けず、、、
「俺が生きてる間に一度は出て来い」(←笑
と言われてますゆえ、来月の飲みには何とか参加したいとは思っております。ハイ。
まあ、ワタシは飲めないのでウーロン茶飲みつつ腹ごしらえ、ってのがパターンなんですがw


。。。はあ~今年も終わるんだなあ。。。


追記
昨日、母からメールが届きまして、どうやら彼女の魔手から逃れた柚子がいくつかできたようです。
少数なので養分が行き渡ったんでしょう。少し大きめだとか。
人的大災害を免れた柚子は立派に成長してブチョーんちへ旅立ったもようです。
美味しく食べてもらえよ?w

最終更新日 : -0001-11-30

* by くぅ☆
お母さん&ぶちょ~さん面白い^^
柚の季節だね~!うちの実家の畑には鬼柚の木があって小さめのかぼちゃ位のぼこぼこした柚がなるよ!亡くなった父が植えたんだけどなかなか実がならず、父が亡くなった年に初めて実をつけたそうな・・。おばあちゃんが作る柚のジャムが大好きだったなぁ~♪

Re: タイトルなし * by 直江和葉
柚子ジャムですかあ。。。美味しそうですねえ^^

しかし、植物って不思議なトコありますよね。。。なんか。。。

Comment







管理者にだけ表示を許可

お母さん&ぶちょ~さん面白い^^
柚の季節だね~!うちの実家の畑には鬼柚の木があって小さめのかぼちゃ位のぼこぼこした柚がなるよ!亡くなった父が植えたんだけどなかなか実がならず、父が亡くなった年に初めて実をつけたそうな・・。おばあちゃんが作る柚のジャムが大好きだったなぁ~♪
2010-11-25-18:52 * くぅ☆ [ 返信 * 編集 ]

Re: タイトルなし

柚子ジャムですかあ。。。美味しそうですねえ^^

しかし、植物って不思議なトコありますよね。。。なんか。。。
2010-11-27-23:20 * 直江和葉 [ 返信 * 編集 ]