その銘柄を堪能したければ、カフェプレスで

ドラゴン2 コーヒーが2杯分しか残ってない・・・・・・
いつもはペーパーフィルターでコーヒーをたてますが、今回、いただきもののカフェプレスでたててみました。
ドイコーヒーさんでは、その銘柄の特徴を知るために、まずはカフェプレスでたてるのだそう。

豆は荒挽きで、1分ほど蒸らし、静かに湯を注いだら2分ほど待つ――飲んでみて納得した・・・というより、衝撃。

ペーパーフィルターでたてていたときには気づかなかった香りやコク、酸味、苦味、甘味がはっきりとわかるではありませんか。

「このコーヒー、こんなに旨かったんだーっ!」

このとき初めてコーヒー農園の人々に頭を下げてしまいましたよ・・・(><)
・・・そりゃ、確かに人それぞれ好みの銘柄が分かれてくるけども、でも、せめてそのコーヒーの持つ本当の味わいを知ってから、自分の中での上下(この場合は好みの度合い、ですね)をつけるべきだと思ったワケです。

「やったーコーヒーが届いたーいっぱい飲めるー」
と、いきなり4杯分のコーヒーをペーパーフィルターでたてるのではなく、まずは、その銘柄の持つ特徴をしっかりと味わえるカフェプレスで丁寧にたてていただかなければ・・・・・・
哲学と誇りを持ってコーヒーを育てている農園にも申し訳ないし、焙煎士の土居さんにだって申し訳ない。(おお、もちろん、この銘柄を輸入している商社のひとにだって)

ってなわけで、昨日追加注文して届いた「モカ・イディド・ナチュラル」と「モンド ノーボ ドライオンツリー」 。まずはドライオンツリーからカフェプレスでいただくことにしました。
この銘柄は、ドイコーヒー会員の中でも人気の高いコーヒーですが・・・・・確かにこれはファンがつくよなあと、しみじみ・・・。ほんと、冷めても旨かった(*--*)

そんな、コーヒーについて新たな衝撃を受けた今日この頃の直江ですが、さあ! 今月は、各コーヒー商社マン推薦の銘柄5種が到着するそうなので、今からとても楽しみです!


0 Comments

Add your comment