FC2ブログ

お誘いをいただいたのだが……

 先日、某社の方からWEB拍手コメントにゲームシナリオ執筆のお誘いがありました。
こんなネットの海の中から見つけてくださって、どうもありがとうございます。

ちょっとそのゲームサイトに行ってみたのですが……
世界観がついていけなかった~^^;;
いまどきの若者向きなのかな、あーゆーの。
(だめよー私 趣味が偏ってるんだから! ←年齢はあえて言及するまい(爆))

――というわけで、やめておきました。



以前、WTRPG(ウェブトークRPG)と呼ばれるゲームのシナリオライターを少しだけやりましたが……
ゲームの世界観がとっても好きでしたねえ……
外に出る仕事を始めてから書けなくなってしまってそのままゲーム自体がフィナーレを迎えたので、私のシナリオに来てくださってたお客様には申し訳なくも、感謝のほうが大きいです。


書けなくなったのは仕事のこともあるのですが……
今だから書いてしまいますけどね

世界観が好きだったせいか、もっと自由に書けたら……!! とは思ってました^^;
縛りがきつすぎて
100%の自己表現ができないのがとても辛かったですねえ……
それは
出版社に数年勤めていたので、執筆者は多かれ少なかれそういうもどかしい思いを持ってるだろうことはわかります。


――まあ、結局
そこから始めたのがオルゴナイト作りだったわけですけど(笑
これはむしろ
ありったけの「自分の」「楽しい」をのせてこその物なので、自分を表現するという意味ではこれ以上ないワークです。

でもって出来上がりが、必ずと言っていいほど自分の想像を超えてる……いい意味でも悪い意味でも(笑)
途中、失敗した~>< と思っても、出来上がったらなんかソレがいい味出せてたり、これはいける! と思っても出来上がってみたらなんかイマイチな感じだったり……
だからこそ面白いんですけど。

それでさえ、春先から夏の終わりくらいまでは創作気力が谷底這ってましたんで~もう~ほんとに……


あ、
自作小説は縛りも何もないので、また気分が乗ったときに執筆再開しようかなと思ってます。
(その前にまた別のコトを始めないとは限らないけどね(・∀・))
書くこと自体はやめられないんだろうな、ワタシ(笑




雲に隠れた満月を思いながら


0 Comments

Add your comment