悠悠蒼天

創作の更新履歴とよろづ日記。

帰りました~

  1. 2008/06/30(月) 20:09:00_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
20080628_2.jpg文化財:旧日銀 20080630_3.jpg帰りの新幹線から

ドラゴン2 明日7月1日から始まる 内尾和正「一枚だけの展覧会」のオープニングパーティーに出席するため、岡山へ帰郷してきました。……4年ぶりの帰郷。4年前に帰ったときも、なぜか4年ぶりだった……
今回の帰郷で、変わっていた街なみとか、ドアに開閉ボタンのついている電車とか、更に耳慣れているはずだと思い込んでいた岡山弁の会話が半分しか解らなかったとか、自分ちの近所に文化財があったとか、岡山市に旧日銀の建物があったとか……なんか、イロイロとカルチャーショックを受けた(笑)

で。パーティーの前に、恩師に会っていろいろ近況報告などし、記念の品までいただいて恐縮するばかり。オリンピック周期じゃなくてもっとスパンを短く、という師の意向に、善処しますとしか……(笑)
いやいや、ともあれ、お会いできて嬉しゅうございました^^
その後の、パーティーもとても楽しく、たっぷりと内尾ワールドを堪能しました。
(岡山市近郊にお住まいの方は、是非行ってみてくださいね~)
会場はコチラ↓

『一枚だけの展覧会』内尾和正展
7月1日~7月19日
おばんざいダイニングバー「プチ・パイン」 ←シンフォニーホールの向かいになります。
岡山市丸の内1-1-7-201
086-941-1079
ランチタイム/11:30~14:00
ダイニングタイム/18:30~24:00
13:00~17:00は営業時間外ですが、絵はご覧いただけます。
休業日/日・月・祝

内尾和正といえば、知る人ぞ知る、「ファイナルファンタジー」のマットペイント&コンセプトアートを手掛けられた方。
今回の作品は内尾先生一世一代(?!)の超大作ですので、是非!!

……あ、いかん。力尽きてきた……
今日はここまで……。



テーマ : ヒトリゴト    ジャンル : 小説・文学

準備中

  1. 2008/06/25(水) 22:40:32_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
ドラゴン2 帰郷するのでみやげを買いに麻布十番まで行ってきた。
その名も、たいやき浪花屋。ここはかの有名な 「およげたいやきくん」 のモデルになったお店。
たいやきはもちろん、ロールケーキなど2階のカフェでもいただける。
ワタシもせっかくなので、みやげの「アズウィッチ」とたいやき1個買ってかえった。(←たいやきは駅で食べた。餡子がしっぽまで入ってて美味しい~*^^*)

20080625.jpg
で。
このアズウィッチ、買ってから気付いたが、3日しかもたない。
……アウトだ……__(_ _;)
ま、買っちまったモンはしょーがねえ。1箱は会社に持ってって、あと1箱はワタシが食う。(美味いのよ、これがまたv)
明日はみやげの買い直しだわん……ミ(ノ;_ _)ノ =3




テーマ : ヒトリゴト    ジャンル : 小説・文学

超巨大………っっ!!!

  1. 2008/06/22(日) 19:02:44_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6
ドラゴン2 昨晩、かつてないほど巨大なアレに遭遇した。
いかんとは思っていたのだ。台所はネギの臭いが充満していて、しかも蒸し暑い。
それでも大丈夫だろうとタカをくくっていた。油断していたのだ。

オーラの泉をみて、トイレから部屋に戻った視界の端に、10センチくらいの黒く細長い巨大な影が……。
あまりの大きさに、最初、ヤツだとわからなかった。
おそるおそる近づいてみたら

「†§⊆π‰〇/ι≫±∂~~~~っっっっ!!!」

おわかりになるだろうか……このキモチが……。
ワタシは心臓発作をおこすかと思った。一瞬、心拍が停止したと思う。

迷わず殺虫剤を噴射。ヤツが動かなくなるまで、しゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


転がったヤツを見たら10センチもなかったが、あまりにも巨大で作り物っぽいので、どこから入ってきたのかと不思議に思った。
東京じゃあ、たぶん絶対ありえないやつだ……と、ハタと思い至ったのは、木曜に無農薬野菜を受け取ったのだが(もちろんクール便だった)、長ネギが入っていたのだ。
どうやら箱の中にいたらしい。

ということは、この巨大なヤツと数日同居したことになるのだ。
↑無言の断末魔の声が……

だから、昨日の夜は、電気を消して寝れなかった……。


テーマ : ヒトリゴト    ジャンル : 小説・文学

「虚空の鑑」お休みします

  1. 2008/06/18(水) 19:35:51_
  2. お知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ドラゴン2 仕事の関係で、今月いっぱい連載をお休みさせていただきます。――つっても、来週はちょっと帰郷するのでUPできないのですが。
とりあえず、ネットから消え失せる可能性大でございますので……。

次回は7月6日(目標。あくまで目標です。)の予定です。

なので、常連様(ありがたや(-∧-))には、たいへん申し訳ございませんが、また来月 覗いてやってくださいませ。(まあ、直江の場合、そもそもが不定期更新なので皆々様 慣れてらっしゃるとはおもいますが……^^;)

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


テーマ : お知らせ    ジャンル : 小説・文学

虚空の鑑 第48話UP

  1. 2008/06/15(日) 21:35:13_
  2. 更新履歴
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ドラゴン3 虚空の鑑 第48話【帰還〔壱〕】UPしました。

 ●宰相さまのおなりです。
**************************************** 

リンクの 「虚空の鑑 もくじ」 よりどうぞ!

……今回初めてトラックバックなるものをやってみたが……
自分のブログで自分の作品のトラックバックをすることにどんな意味があるのかよく解らないが……まあ、いいや。

テーマ : 自作連載小説    ジャンル : 小説・文学

エトセトラ

  1. 2008/06/15(日) 01:41:15_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
 
鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る

ドラゴン3 編集T氏にお借りした「鹿男あをによし」。これもたいへん面白うございました。「そうくるか!」というカンジの小説です。(どんなだ)


さて。
派遣満了後のことですが、ありがたいことに、契約形態を変えて現在の職場に勤めることになりました。直江家の財政が逼迫していることもあり、今後は編集補助の仕事もプラスしてもらえたので、多少ゆとりができるのではと……。
最近は土日しか創作活動をしていないので(平日は読書)、平日は頑張って働くとしよう。
まあ、とにかく、肩の荷がひとつ下りたのでやれやれですわ。

そーれから。
今日は、久々に塗り絵をさせてもらいましたv (リンク「Kha-dira」からいけます)
もっとこう、デザインセンスとか美的センスってものを磨きたいのですが、どうやら直江にはそんな上等なモノは備わっておらんようです。
なのにごくたまに描きたいというか、塗りたいというか……そういう衝動に駆られてしまうので、ホントに困ったもんです。はーやれやれ……



テーマ : ヒトリゴト    ジャンル : 小説・文学

拍手御礼

  1. 2008/06/12(木) 22:28:12_
  2. 拍手御礼
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ドラゴン3 拍手をありがとうございます。
コメントもありがとうございます^^
↓ネタバレ防止のため追記にお返事をば……。

――で、ここのトコ読んだ本など。

まだ見ぬ書き手へ (朝日文芸文庫)まだ見ぬ書き手へ (朝日文芸文庫)
(1997/05)
丸山 健二

商品詳細を見る


鴨川ホルモー鴨川ホルモー
(2006/04)
万城目 学

商品詳細を見る


ホルモー六景ホルモー六景
(2007/11)
万城目 学

商品詳細を見る


まずは「まだ見ぬ書き手へ」。
こ、これは何というか、ものを書くということの心構えと姿勢について、背中をどつかれたような気がしました。……ええ、どつかれました。

気をとりなおし、「鴨川ホルモー」「ホルモー六景」。
来年映画化されるのをYahooで知って、読んでみた。
オモチロイ!
まだお読みでない方は是非。……んー、なんとなく陰陽系など好きな方には、とても斬新に映って更に面白いと思う。オススメです。

テーマ : ヒトリゴト    ジャンル : 小説・文学

豆大福

  1. 2008/06/10(火) 22:32:50_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
ドラゴン3 豆大福といえば、群林堂。
おいしい餡子と黒豆の、あの砂糖と塩の絶妙なバランス、できたてのほやほやの、まだほんのりぬくい大福を頬張ったときの、あのエモイワレヌ幸福感――
給料が入った日、店の前に行列がなければUターンしてでも走って買いに行く。

今日、部長が皆で食べようと、豆大福を10個買ってきてくれた。
お休みの人がいたので、それは「キミが持ってお帰り」と。
勿論、直江は断ったりなどしませなんだ。ありがたく、頂戴した。
部長曰く、
「こないだの、大福を床に落とした時の哀しげな顔が浮かんでねえ(笑)」。
「……あの時は、切のうございました(ノノ」とワタシ。(ていうか、どんなカオしてたんだ……)

前回、今日のように部長が豆大福を買ってきてくれたのだが、直江のたわけが1個大福を床に落としてしまったのである。部長の目の前で。
(ゑ、それをどうしたって? まさか捨てませんよ。家へ持ち帰ってしっかり焼いて食べましたともさ!)

……まあ、そんな悲喜こもごもの編集部ですが、一応、ワタシの派遣期間満了まで1ヶ月と半分強。
契約形態を変えて社に残れるか、はたまた新天地へと飛び出すか、水面下でわしゃわしゃ水掻き中――ていうか、掻きはじめたというか。
いずれにしても、ぼやぼやしてはおれませぬ。
がーんばーるゾウ ( ・(OO)・ ) ←……これブタじゃん……
テーマ : ヒトリゴト    ジャンル : 小説・文学

虚空の鑑<24>UP

  1. 2008/06/08(日) 20:34:15_
  2. 更新履歴
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ドラゴン3 虚空の鑑<24>【氛祥/常情】UP
 ハナたち一行はホウライヌの結界守と合流し、北の森へ向かう。一方、水華蓮ではターガナーダが騒乱のローブミンドラに帰国することを決した。

*******************************************

リンクの 「虚空の鑑 もくじ」 あるいは、「Kha-dira小説TOP」よりどうぞ!


テーマ : 自作連載小説    ジャンル : 小説・文学

読んだ本とワタシの前世

  1. 2008/06/07(土) 21:56:04_
  2. 日記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
紫の履歴書 新装版紫の履歴書 新装版
(2007/03)
美輪 明宏

商品詳細を見る

オーラの素顔 美輪明宏のいきかたオーラの素顔 美輪明宏のいきかた
(2008/06/11)
豊田 正義

商品詳細を見る


ドラゴン3 「オーラの素顔」という本を昨日いただいた。
部長に言うと、「三輪明宏すきなの? じゃあ「紫の履歴書」読んだ?」 と聞かれ、思わず首を振った。
「紫の履歴書」は三輪明宏の自叙伝だと聞き、最近になってファンになったとはいえ、自叙伝を読まずしてファンとはいえまい。と思い、早速、図書館から借りてきた。私が読んだのは、昭和43年の初版本。現在は↑のように新装版が出ているらしい。

「オーラの泉」を観るようになってから、三輪明宏の人生の一端をあれこれの本で見かけてはいたが、なんという凄まじい人生か……幾度か深呼吸しながら読み終えた。涙なくしては読めない……。
その不屈の人生にはおおいに学ばなくてはならないと思ったし、あと…………耽美小説を思わせる恋愛の経歴に、世の女子が夢を見るのもこれまた仕方ないのかもしれんと(笑)
今時のBL系に興味はないけども、「紫の履歴書」に綴られた三輪明宏の恋愛は素直に美しいと思った(そりゃ勿論、実際の愛は美しいなどとは程遠いシロモノだとは思うけども……うーん、でもやはり読んでて美しいと思ったな)

やはり、恋愛も人間の質によるのだね……あ、今なんか「エースをねらえ!」を思い出しちゃった。

……で、今やっと「オーラの素顔」を読み始めた。
こちらは第三者が取材をして三輪明宏の人生を追ったもの(らしい。)
どちらにせよ、三輪明宏の人生にまつわる本を読むなら、「紫の履歴書」からですな……。おすすめします。

さて。話しはかわり。

テーマ : ヒトリゴト    ジャンル : 小説・文学


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

直江和葉

Author:直江和葉
突き進め!
サファリランドの
ゾウさんのように!!

メールフォーム

←コチラからどうぞ。

守護者 千早さん

某マンガの強くて可愛い剣牙虎さんにあやかって。

里親さん募集

★☆★☆★



ブログ内検索



カテゴリー+月別アーカイブ

 


らくがきわっしょい

いつまで続くかわからねぇがな…                 




« 2008 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

おいしいもの






最高級の原料のみ使用した贅沢な紀州梅干し
紀州梅干し専門店
『福梅本舗』












おすすめ

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ