FC2ブログ

悠悠蒼天

創作の更新履歴とゲームとよろづ日記。

Top Page › Category - 日記
2019-09-22 (Sun)

ルパン三世’80 のテーマってかっこいいんだぜっ!!

ルパン三世’80 のテーマってかっこいいんだぜっ!!

ルパン三世’80 のテーマがかっこよくて好きなんだ~!と言っても、どうもイマイチ伝わらない。もどかしい……あんなにかっこいいのにと思ってたところで見つけてしまったからには貼り付ける!...

… 続きを読む




ルパン三世’80 のテーマがかっこよくて好きなんだ~!
と言っても、どうもイマイチ伝わらない。

もどかしい……あんなにかっこいいのに

と思ってたところで見つけてしまったからには貼り付ける!

2019-09-22 (Sun)

ドームハウスに憧れる

ドームハウスに憧れる

 ドームハウスとはずばり、ドーム型の家のことです。ネットで見てみるといろいろあるんですが、個人的にいいなあ、と思ったのはここ↓DOMEHOUSE.infohttps://domehouse.info/こちらのドームハウス、骨組みが木なんですよ。職人さんがいくつかのパーツを作り上げて、でもって組み立てていくカンジかな。プランがとても丁寧に説明されていて、わかりやすい。しかも、このサイトのブログが非常に役立つ!だって、地盤データの読み方ま...

… 続きを読む

 ドームハウスとはずばり、ドーム型の家のことです。

ネットで見てみるといろいろあるんですが、個人的にいいなあ、と思ったのはここ↓

DOMEHOUSE.info
https://domehouse.info/

こちらのドームハウス、骨組みが木なんですよ。
職人さんがいくつかのパーツを作り上げて、でもって組み立てていくカンジかな。
プランがとても丁寧に説明されていて、わかりやすい。

しかも、このサイトのブログが非常に役立つ!
だって、地盤データの読み方まで説明してくれてんですよ!
確かに地面が斜めだったり、やわかったりしたら家は建てられませんからねえ……^^;
他にもさまざまな情報が盛りだくさんで、楽しい!

ドームハウスで生活することを想像して楽しむだけじゃなくて、ハウスを建てる場所(立地や地盤や道路)とか、電気はなるべく自分とこで充電したのを使いたいからどうするかとか、こう、イロイロ構想が練られて楽しい(笑
もちろんドームハウスの内装考えるのも楽しい!


あー……とりあえずでいいから、ドームハウスの借家とかないかなあ。
一度そこで生活してみたい!!!

野望が膨らむ今日このごろであった。



2019-08-08 (Thu)

花の名を探る

花の名を探る

 夏真っ盛り。現場事務所の大部分は昨年夏の豪雨により被災した建物の解体廃棄物がまだ山となってはおりますが……簡易排水路のそばや、駐車場の脇、掘り返した土の山にには野草が花をつけております。駐車場のひとところに突如として現れたように見えたのは、真っ白い大きな花を咲かせたダチュラ。水路のそばと土の山にぽんぽんみたいな濃いピンクの花と、地面の方には小さいながらはっきりしたピンク色の花。――こないだはカワヂシ...

… 続きを読む

 夏真っ盛り。
現場事務所の大部分は昨年夏の豪雨により被災した建物の解体廃棄物がまだ山となってはおりますが……

簡易排水路のそばや、駐車場の脇、掘り返した土の山にには野草が花をつけております。

駐車場のひとところに突如として現れたように見えたのは、真っ白い大きな花を咲かせたダチュラ。
水路のそばと土の山にぽんぽんみたいな濃いピンクの花と、地面の方には小さいながらはっきりしたピンク色の花。

――こないだはカワヂシャが自生してたって市の職員さんが取りにきてましたな。。


名前がわからず調べまくったところ、
ぽんぽんみたいなピンクの花はアカツメクサで、小さい4枚の花弁をもつのはユウゲショウというらしい。
あといくつか調べてもどうしてもわからないのがあったりします。ぬう……

シロツメクサはよくしってるけど、アカツメクサは知らなかった。
しかもこのアカツメクサ、可愛らしいだけじゃなくハーブティーになるし、土壌を豊かにもしてくれるとか。(クローバーはみなそうよね)

驚いたわ。

でもって、「ほほう」と見つめる目の前に、体色が黄色っぽいイトトンボが優雅にとまってくれちゃったりしてさ。

このイトトンボもこんな色のは初めてなので調べてみると、どうやらアオモンイトトンボの雌で、未成熟体のようでした。
おまけに同色と異色とかあってなかなか興味深い昆虫です。



とりあえず、草刈されてしまう前に、アカツメクサとユウゲショウはいくつかいただいて帰るのだ。
あしたはスコップ持参だわね。



2019-07-21 (Sun)

初対面

初対面

 先日、ワタクシ、初めてセミの幼虫と遭遇しました。羽化する直前の、抜け殻しか見たことのない形のやつ。そこはないやろ~って場所で遭遇したので、トマトの茎に移動させてやりました。雨が続いてるからちゃんと羽化できるかなあ、と思ってましたが、抜け殻が残ってたので無事、飛んでいったようです。毎年うちの庭では数匹のクマゼミが羽化して旅立っていってるんですが、今年はなんか多いですね……クマゼミはたしか5、6年たっ...

… 続きを読む

 先日、ワタクシ、初めてセミの幼虫と遭遇しました。
羽化する直前の、抜け殻しか見たことのない形のやつ。

そこはないやろ~って場所で遭遇したので、トマトの茎に移動させてやりました。
雨が続いてるからちゃんと羽化できるかなあ、と思ってましたが、抜け殻が残ってたので無事、飛んでいったようです。


毎年うちの庭では数匹のクマゼミが羽化して旅立っていってるんですが、今年はなんか多いですね……

クマゼミはたしか5、6年たってから羽化すると聞きましたので、つい、5年前とか6年前の夏はどんなだったかな、と思い出そうとしてみたりしてますが……(まあ、ぜんぜん覚えてませんわな)


それから、
ツバメはあれ以来、巣作りする様子はなく、近所で巣立った子供たちともども、どうやら集団ねぐらに移動したと思われます。
……なのに
毎晩、うちのツバメの巣で寝てるのはどちらのコなんでしょうね(笑
落ちてる糞をみると、どうもツバメっぽくないので――強いて言えばツバメの雛みたいにも思えるけど――風雨をしのぐために一時的に使用してる他の小鳥さんなんでしょうか……

いや、でもまだカラス避けの紐は設置したままなので、あれを平気でくぐってくるのはツバメくらいなものだと思うんですが
うーむ……
今度夕方こっそりのぞいてみようかな。
視力悪くて眼鏡かけても判別できるかあやしいものだが(笑






2019-06-08 (Sat)

新発見!(いや、初体験……?)

新発見!(いや、初体験……?)

 先日、ある方のツイートを見て、自分の「感覚」にちょっと驚いたのでメモしておくことにしました。数年前、WTRPG(ウェブトークRPG)というゲームのシナリオライター(マスター)をしていたことがあります。その私のシナリオによく参加してくださったお客様のキャラクターが、ツイートに流れてきたのですが、お名前と姿を拝見したときに懐かしさとともに、愛しさというか……なんだか不思議な感慨を受けたんですよね……自分も創作者...

… 続きを読む

 先日、ある方のツイートを見て、自分の「感覚」にちょっと驚いたのでメモしておくことにしました。


数年前、WTRPG(ウェブトークRPG)というゲームのシナリオライター(マスター)をしていたことがあります。

その私のシナリオによく参加してくださったお客様のキャラクターが、ツイートに流れてきたのですが、
お名前と姿を拝見したときに懐かしさとともに、愛しさというか……
なんだか不思議な感慨を受けたんですよね……

自分も創作者であると自負しておりますから、自分の作り上げたキャラクターはどれも大切な存在なのですが、
WTRPGにおいてマスターがシナリオで活躍を描くキャラクターはお客様のキャラクターです。

(もちろん、依頼に参加してくださったキャラクターのお一人お一人の行動、性格をじっくり理解しようと、毎回毎回のシナリオは私にとっては真剣勝負そのものでした。
今だからぶっちゃけちゃうけど、何に時間がかかったって、「書く」 よりこっちの 「キャラクターと向き合う」 ことにほとんどの日数を費やしていたようなもんですから(笑))

――だからこそなんでしょうかね
お客様のキャラクターであっても、愛しさを感じてしまうほど、どうやら私にとっても大切な存在になっていたのだと、先日のツイートを見て初めて気づいたんです。
(これは私のシナリオに関わってくださったすべてのキャラクターに対して、ですが)


あれです。
よく恋愛漫画とか小説にある

 「私……、〇〇くんが好きなんだわ……!!!」

そう。コレに似てる気がする……。


いやー、なんだかとても貴重な体験させてもらいましたわ
びっくりですわ

これはもう、ただ自分の小説書いてただけでは、ましてや、フツーの事務仕事やってるだけでは体験できるものじゃありませんね。
今更ながら、感謝感謝です!



あ。
ちなみに私、リプレイ書くときには参加してくださったお客様(キャラクター)の行動(と、キャラクター情報)は必ずプリントアウトしてましたので、初シナリオから最後のものまで、すべてファイリングしておりますです。
やはり私にとっても「宝物」ですからね。。。お客様のキャラクターお一人お一人、そしてその枠外にあれこれ書き込んだ自分のメモも含めて(笑)


ふふふ
ちょっと新鮮な感覚でした