FC2ブログ

悠悠蒼天

創作の更新履歴とゲームとよろづ日記。

Top Page » Next
2020-02-22 (Sat)

春も近い

春も近い

 さて。新しい派遣先にも徐々に慣れつつあります。ありがとうございます。「知らない」ということは、おかしな失敗を生むもので、後で完璧に笑い話になりますな。ではここで「知らない」から起こった笑い話をひとつ。今の派遣先はお酒や飲料を店舗から注文を受ける卸の会社なのですが――ある日のこと、ある酒屋さんから注文の電話が入りました。酒屋さん「……あれと、これと、それからこないだ入れてくれたバーボンを●本、よろしく...

… 続きを読む

 さて。新しい派遣先にも徐々に慣れつつあります。ありがとうございます。

「知らない」ということは、おかしな失敗を生むもので、後で完璧に笑い話になりますな。

ではここで「知らない」から起こった笑い話をひとつ。

今の派遣先はお酒や飲料を店舗から注文を受ける卸の会社なのですが――

ある日のこと、ある酒屋さんから注文の電話が入りました。

酒屋さん「……あれと、これと、それからこないだ入れてくれたバーボンを●本、よろしく。ついこないだいれてくれたバーボンだよ」

私「はい。わかりました。ありがとうございます」
(この時点で前回の注文表かなにかをデータで見れるものだと思っていた直江ですが……)

電話を切ったあと、ベテランさんに聞いてみた。

ベテランさん「……こないだ入れてくれたバーボンって……(苦笑)」

この件は、ベテランさんにデータを探してもらってそのバーボンを探してもらったわけですが。
(まずこのシステム、なんか入り組んでてぱぱっと前回のデータとかが探せないんだわ……いまだにどこを見れば効率がいいのか悩む……)

で。

そもそも。

バーボンって何ね?

そこで初めて、アメリカのウイスキーであることや、銘柄においては数十種類もあることを知った直江……

そもそもブランデーとウイスキーって何が違うんだとか、

ビールと発泡酒と新ジャンルってどう違うんだとか、

焼酎の甲乙はどう違うんだとか、

シャンパンとスパークリングワインて何が違うんだとか、

ワインと果実酒って違う扱いなのかよ、とかとかとか……



もうね。
下戸なのに日々 酒のことを知っていく人間がここにひとりできあがったよ。
これで契約満了の来年1月か2月にはどんなんなってんだか(笑)

2019-12-16 (Mon)

自分の働き方

自分の働き方

 次の派遣先は23日から開始となりました。前の派遣先より通勤時間がかかるんだけど、働く時間は6時間半なので身体的には少し楽かな~初めての業界(お酒など飲料の卸)なので楽しんでいこうと思います。はい。で。今日はこんな記事を読みました~「売上を追うのをやめたら、黒字続きで店舗が拡大。「佰食屋」が教えてくれる“逆転の成長論”|新R25」 仕事 019.12.06 y 新R25編集部   URL⇒ https://r25.jp/article/751676...

… 続きを読む

 次の派遣先は23日から開始となりました。
前の派遣先より通勤時間がかかるんだけど、働く時間は6時間半なので身体的には少し楽かな~
初めての業界(お酒など飲料の卸)なので楽しんでいこうと思います。はい。



で。
今日はこんな記事を読みました~

「売上を追うのをやめたら、黒字続きで店舗が拡大。「佰食屋」が教えてくれる“逆転の成長論”|新R25」
 仕事 019.12.06 y 新R25編集部

   URL⇒ https://r25.jp/article/751676457121473050

 ”佰食屋ではその人の能力を見て、20~30%余力が残るくらいを目安に仕事を分配しています。
 もし急に欠勤が出て4人になってしまった場合も、「1人あたり20食担当」は変えない。1日にお出しする数を80食に減らします。”
 


”そもそも、就業時間内に利益を出せない商品や企画自体がダメなのに、「頑張れ」なんて言うのはおかしい。
 私は、業績至上主義が、従業員の幸せにつながるとは思いません。”



そうよね。
結局のところ、会社を回してるのは社員だもの。社長や役員だけじゃ回んねぇでしょ(笑)
従業員を使い捨てみたいに考えてるようなトコって、人も会社自体も疲弊するばかりだよね。

こういう考え方をする経営者が増えれば、もっと楽しくなりそうだ。

あと、やはり労働力を提供する側の意識も変わらないと、いつまでたっても搾取されっぱなしだよね。
私がいつも読ませてもらってるブログ「ミナミのライトらいとライフ」さんによく書かれてることだけど、

仕事をいただくのではなく提供する、給料をいただくのではなく報酬を受け取る

この考え方に切り替えると、実際の(自分の)動きが違ってくるんだよね。
私、派遣だけど事務屋のプロとしての意識はあるし、使い捨ての人員という扱いを受け入れませんからね。

こういうこと言うと、そんなんじゃどこも仕事はないとか、甘いとかいう人もいるんだけど、あえて言う。
それはアナタの考えであって、私の考えじゃないから。

昔はそういう他人の「よかれ」をそのまんま受け入れて右往左往した挙句、疲れ果てただけだった。。。
他者の意見は意見として。
結局は自分が思うように動くことが、自分にとっては「一番」なんですね。
失敗しても他人のせいにしなくてすむしね(笑) それはそれで良し。




あ、
この佰食屋さんの社長さんの本はAmazonさんで購入できるようです
  ↓
売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放(ライツ社)
(日本語) 単行本 – 2019/6/14
中村朱美(佰食屋) (著)


2019-09-22 (Sun)

ルパン三世’80 のテーマってかっこいいんだぜっ!!

ルパン三世’80 のテーマってかっこいいんだぜっ!!

ルパン三世’80 のテーマがかっこよくて好きなんだ~!と言っても、どうもイマイチ伝わらない。もどかしい……あんなにかっこいいのにと思ってたところで見つけてしまったからには貼り付ける!...

… 続きを読む




ルパン三世’80 のテーマがかっこよくて好きなんだ~!
と言っても、どうもイマイチ伝わらない。

もどかしい……あんなにかっこいいのに

と思ってたところで見つけてしまったからには貼り付ける!

2019-09-22 (Sun)

ドームハウスに憧れる

ドームハウスに憧れる

 ドームハウスとはずばり、ドーム型の家のことです。ネットで見てみるといろいろあるんですが、個人的にいいなあ、と思ったのはここ↓DOMEHOUSE.infohttps://domehouse.info/こちらのドームハウス、骨組みが木なんですよ。職人さんがいくつかのパーツを作り上げて、でもって組み立てていくカンジかな。プランがとても丁寧に説明されていて、わかりやすい。しかも、このサイトのブログが非常に役立つ!だって、地盤データの読み方ま...

… 続きを読む

 ドームハウスとはずばり、ドーム型の家のことです。

ネットで見てみるといろいろあるんですが、個人的にいいなあ、と思ったのはここ↓

DOMEHOUSE.info
https://domehouse.info/

こちらのドームハウス、骨組みが木なんですよ。
職人さんがいくつかのパーツを作り上げて、でもって組み立てていくカンジかな。
プランがとても丁寧に説明されていて、わかりやすい。

しかも、このサイトのブログが非常に役立つ!
だって、地盤データの読み方まで説明してくれてんですよ!
確かに地面が斜めだったり、やわかったりしたら家は建てられませんからねえ……^^;
他にもさまざまな情報が盛りだくさんで、楽しい!

ドームハウスで生活することを想像して楽しむだけじゃなくて、ハウスを建てる場所(立地や地盤や道路)とか、電気はなるべく自分とこで充電したのを使いたいからどうするかとか、こう、イロイロ構想が練られて楽しい(笑
もちろんドームハウスの内装考えるのも楽しい!


あー……とりあえずでいいから、ドームハウスの借家とかないかなあ。
一度そこで生活してみたい!!!

野望が膨らむ今日このごろであった。



2019-08-08 (Thu)

花の名を探る

花の名を探る

 夏真っ盛り。現場事務所の大部分は昨年夏の豪雨により被災した建物の解体廃棄物がまだ山となってはおりますが……簡易排水路のそばや、駐車場の脇、掘り返した土の山にには野草が花をつけております。駐車場のひとところに突如として現れたように見えたのは、真っ白い大きな花を咲かせたダチュラ。水路のそばと土の山にぽんぽんみたいな濃いピンクの花と、地面の方には小さいながらはっきりしたピンク色の花。――こないだはカワヂシ...

… 続きを読む

 夏真っ盛り。
現場事務所の大部分は昨年夏の豪雨により被災した建物の解体廃棄物がまだ山となってはおりますが……

簡易排水路のそばや、駐車場の脇、掘り返した土の山にには野草が花をつけております。

駐車場のひとところに突如として現れたように見えたのは、真っ白い大きな花を咲かせたダチュラ。
水路のそばと土の山にぽんぽんみたいな濃いピンクの花と、地面の方には小さいながらはっきりしたピンク色の花。

――こないだはカワヂシャが自生してたって市の職員さんが取りにきてましたな。。


名前がわからず調べまくったところ、
ぽんぽんみたいなピンクの花はアカツメクサで、小さい4枚の花弁をもつのはユウゲショウというらしい。
あといくつか調べてもどうしてもわからないのがあったりします。ぬう……

シロツメクサはよくしってるけど、アカツメクサは知らなかった。
しかもこのアカツメクサ、可愛らしいだけじゃなくハーブティーになるし、土壌を豊かにもしてくれるとか。(クローバーはみなそうよね)

驚いたわ。

でもって、「ほほう」と見つめる目の前に、体色が黄色っぽいイトトンボが優雅にとまってくれちゃったりしてさ。

このイトトンボもこんな色のは初めてなので調べてみると、どうやらアオモンイトトンボの雌で、未成熟体のようでした。
おまけに同色と異色とかあってなかなか興味深い昆虫です。



とりあえず、草刈されてしまう前に、アカツメクサとユウゲショウはいくつかいただいて帰るのだ。
あしたはスコップ持参だわね。